大学を卒業後3年間プータローした結果が酷かった

目安時間:約 3分

先日、ある方の経験談を聞くきっかけがありました。

 

やっと就職できても、年収250万

 

大学を卒業して働かず3年間ほどプータローをした後、就職した企業が酷い。

 

~体験談~

 

就職活動にて行きたい業界はあったのですが、初めての就職活動にやり方もわからず結果全滅。

 

就職は諦めてアルバイトで生活費をつなぐ毎日、このままでは良くないと一念発起して再度就職活動をする。

 

学校の力や、教授の力を使ってやっとのことで就職できた企業が見つかりました。

 

しかし、サービス残業は当たり前、毎日体はボロボロなのに年収は250万円。

 

ある日、10個上の先輩の給料明細を見てしまう。

 

10年以上も働いているのに、俺とそんなに変わらないのか・・・・・このままではまずい。

 

こんなままでは俺は幸せになれないと感じたそうです。

 

ここからの大逆転劇です。転職活動を始めて、契約社員で入社して社員に上り詰め、今では年収650万にまで伸ばしてきました。

 

元々、頭はいい方ですし、仕事もできます。

 

ただ、大学を卒業した後の就職活動が上手くいかなかっただけなのです。

 

転職で最低限の生活を

少しの苦労と努力で、今後の生活は大きく変わります。

 

管理人であるわたしも年収は変わっております。

 

400万→550万→670万→550万

 

最終的には下がってしまいましたが、ライフワークバランスが大事だと思います。

 

長く続けられなければ折角年収が上がっても意味がありません。

 

あなたにあった仕事を探してみることをおすすめします。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
このブログのランキングは?
広告




かすみん
自己紹介

初めまして、かすみんと申します。
財団法人→営業(中小企業)→営業(大手企業)→営業(大手企業)
4社経験してきています。
海外転勤、直行直帰、激務、パワハラ、良上司、悪上司
色々、経験しております。
私の経験を思う存分お伝えできればと思っております。

最近の投稿
カテゴリー
にほんブログ村
姉妹サイト

ページの先頭へ