転職することのデメリットはなんなのか考えてみた。

目安時間:約 3分

転職することで失うもの①

転職することで今まで築いてきた人間関係はリセットされてしまう。

 

今まで頑張って信頼関係や上下関係など距離感を測りながら人間関係を構築してきたことでしょう。

 

しかし、転職することによってまた1から築かなくてはいけません。

 

ある程度の人間関係や信頼関係を築くには時間が必要になってきますし、仕事でも成果を上げる必要が出てきます。

 

転職することで失うこと②

今まで学んできたことすべて。

 

新しい会社にいけばまたルールや仕事の進め方や仕事そのものを1から覚えなければなりません。

 

それがまた膨大な量になってきますので、覚えるまで大変です。

 

まとめ

 

転職で失うものはやはり長い年月の中で培ってきたものが多く、それをまた1から作っていかなくてはなりません。

 

始めは転職しなければよかった。前の会社の方がよかったと思うこともあるかもしれません。

 

それも一時のことです。

 

慣れてしまえばどうということではない。←書いてて思った。シャアみたいだ。(当たらなければどうということはない)

 

そうどうということは無いのです。

 

結局、一番大事なことは長く続けられる会社に身を置くことで、無理して仕事をしていくことではないです。

 

無理しているといつか限界が来ますし、それで働けない体になったら元も子もありません。

 

これからの選択はくれぐれも慎重にしていただければと思います。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
広告




かすみん
自己紹介

初めまして、かすみんと申します。
財団法人→営業(中小企業)→営業(大手企業)→営業(大手企業)
4社経験してきています。
海外転勤、直行直帰、激務、パワハラ、良上司、悪上司
色々、経験しております。
私の経験を思う存分お伝えできればと思っております。

最近の投稿
カテゴリー
ランキング

ページの先頭へ