部下を育成できない無能な上司。自分が無能では無いのです。

目安時間:約 2分

「会社で無能扱いされたら自分の能力を悲観するより、会社に合ってない」
と思ったらいい。

私は前職の会社の上司が部下を次々と退職に追いやる若手クラッシャーでした。
『ここでできなければどこ行っても続かないよ』、『こんなこともできないのか』、『辞めてもらっても全然いいんだよ』
とか散々言われておりました。

自分に合う会社は必ずありますので、そんな会社にずっといるよりも早く転職してしまった方がいいと思います。
私も今の会社に入って、上司が常に気を配ってくださり自分の意見もちゃんと聞いて下さります。
悪い上司は自分のことしか考えておらず、仕事がうまくいかないことを部下のせいにしたりします。

しかし、良い上司は部下が良い方向に進んでいくようにどのように育成したら良いか常に考えております。
だからプライベートのことでもアドバイスするし、部下のために時間を使って資格試験取得のために資料を作って下さったりします。

やはりこの方のために仕事を頑張りたいと思わせる上司は尊敬しますし、素直に言うことが聞けますね。
こんな会社もあるのですよ。

色んな価値観を持った人がいるように会社も色々な価値観を持っておりますので、自分に合う会社探しを続ける
ことをおすすめ致します。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

このブログのランキングは?
広告




かすみん
自己紹介

初めまして、かすみんと申します。
財団法人→営業(中小企業)→営業(大手企業)→営業(大手企業)
4社経験してきています。
海外転勤、直行直帰、激務、パワハラ、良上司、悪上司
色々、経験しております。
私の経験を思う存分お伝えできればと思っております。

最近の投稿
カテゴリー
にほんブログ村
姉妹サイト

ページの先頭へ