2018年の就活市場は?売り手市場なの?

目安時間:約 4分

2018年の就職市場は実際どうなのか?

 

 

 

 

 

 

結論から申し上げますと、来年も売り手市場は続くようです。

 

 

といいますのも人口が多い1950年前後生まれの団塊世代が65歳を超えて一気に退職を迎えたことが要因です。

 

2016年3月に卒業した大学生の4月1日時点の就職率(就職者数÷就職希望者数)は前年比0.6%増の97.3%でした。

 

ということはほぼ100%の確率で1人1社に就職しているということです。

 

それで、企業が新卒をこれだけ採用するということは企業に人が足りていない現状があるということです。

 

 

就活生のためのサービスがあったので、ご紹介させて頂きます。


 

■MeetsCompanyの魅力

1、年間のサービス利用者約10万人、就職決定者約5000人。就活生の5人に1人が利用しているサービスです。

2、東京、大阪、名古屋、福岡、北海道等全国各地で採用イベントを開催。年間の採用イベントの開催数は業界 NO.1の650回以上。

3、東証一部上場企業からベンチャー企業まで優良企業を2000社以上を紹介可能です。

4、イベント後に就職のプロが就職の相談にのらせていただき、応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わ せた徹底サポートいたします。

 

■MeetsCompanyの概要

 

Meets Companyとは就活のマッチングイベントです。企業の人事で決定権を持った人や社長のみが参加するイベ ントのため、学生はその場で内定を獲得出来たり、内定の一歩手前まで選考が進んでしまうこともあり、年間約 5000人の方が就職を当イベントで決めています。

 

メインコンテンツとして座談会を行っており、企業と近い距離で話やアピールが出来るため大手ナビ媒体に代わり就活生に注目されています。

 

 

 

で、ここからが本題です。

 

 

 

ということは

 

採用活動で新卒を獲得できなかった企業は、転職者で補てんしようと考えます。

 

当たり前のことと言えば当たり前のことですが、2018年の転職市場も活性化すると考えられます。

 

これから転職を考えている方には、追い風となってくるのではないでしょうか?

 

次の転職活動が活発化されるのは冬ボーナスが、出された後になりますので12月ぐらいからですかね。

 

転職活動をやるのに早いことに越したことはありません。

 

今から資料作りや転職サイト、転職エージェントに登録することをおすすめ致します。

 

 

 

 

下の記事は転職者用に作成した記事ですが、自己PRなどは新卒の方にも十分に役立つ情報があります。

 

よろしければクリックのほど宜しくお願い致します。

 

転職するために必要な5つのステップと成功のポイント

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

このブログのランキングは?
広告




かすみん
自己紹介

初めまして、かすみんと申します。
財団法人→営業(中小企業)→営業(大手企業)→営業(大手企業)
4社経験してきています。
海外転勤、直行直帰、激務、パワハラ、良上司、悪上司
色々、経験しております。
私の経験を思う存分お伝えできればと思っております。

最近の投稿
カテゴリー
にほんブログ村
姉妹サイト

ページの先頭へ