志望動機って難しい?どう書けばいいの?

目安時間:約 3分

志望動機って難しい?

 

例 御社の企業理念の・・・に感動し御社で働きたいと思った。

 

例 ・・・をしていて幅広く活躍している会社は御社しかないと思った。

 

ホームページに載っている情報をただ羅列してここが感動した。御社だけしかないサービスを提供しているところに魅力を感じた等、それだけでは勿体ない。

 

自分がどう感動したのかより詳しく説明してみましょう。

 

自分の経験談を加えてリアリティを出そう!

例えば企業理念が『社員第一であること』とあった場合、

 

わたしは前職では結果がすべてという職場に勤めておりました。

 

結果が良ければ何しても良い。

 

そういう社風の所で勤めていると仲間内でもいざこざが生まれます。

 

自分に火の粉が飛ばないように、仲間内をおとしいれたりし始めます。

 

それでもわたしは社内を少しでも明るくしたく、自分の営業方法を後輩に惜しみなく教えるし、みんなで目標を達成しようと努力してきました。

 

御社の企業理念はまさに私と同じ考え方であることに感動しました。

 

解説

①前職で不満だったこと。

②不満があったが、その中で自分はどのような行動をとったのか?

③御社で働くことでそこが改善されるのではないかという思いを書く。

 

不満だけで終わってしまうと、うちの会社に入ってもまた不満を言うのではないかと思われてしまいます。

 

なので、不満に思ったけど自分はこのようなことをした。

 

それでも解決しなかったから御社であれば解決できると思ったので雇ってください。

 

このような流れですね。

 

ただ、感動しましただけでは上手く相手に伝わりません。

 

上手く相手に伝えるにはどうしたらいいのかを考えてみましょう。

 

 

 

 

 

転職はそんなに難しくない。むしろ大学卒業で就職する方が大変。

目安時間:約 4分

就職より転職の方が楽な理由

大学を卒業する前に就職活動をすると思うのですが、いままで学生だったのにいきなり就職しろと言われてもと感じますよね。

 

転職との違いとして、まず自分がやりたいことはなんなのか?から考えなくてはいけない。

 

そして、それからやりたい理由を伝えなくてはいけない。

 

経験もないのになんでその仕事がしたいのか想像で答えなくてはいけません。

 

他人との差別化が非常に難しいですよね。

 

差別化が難しいからこそ、有名校出身者が優遇されるわけです。

 

はっきり言って、有名校出身ではなく大した特技もないようでしたら転職の方が楽だと思います。

 

転職は自分がやりたいことが明確である

転職しようと思った時、就職する時とは違い目的がはっきりしています。

 

今の会社より給与が高い所にいきたい。ワークライフバランスの取れる所にいきたい。

 

何がやりたいかということは考えずに、もうすでにやっていることの延長線上の付加価値の部分で悩んでいたりします。

 

またはやりたいことはやれているが、人間関係が原因だったりもします。

 

ここで大事なことは、今までやってきたことが経験値となっていることです。

 

今までにやってきているということは他人との差別化になります。

 

ここにどこまでできるのかを加えてあげればあなたを採用する大きな理由になります。

 

学生の場合は他人と差別化をするところは学校名とコミュニケーション能力ですが、

 

転職の場合は仕事がどれだけできるかを伝えてあげればいいのです。

 

上手く相手先の企業に経験値を伝えるには

やはり上手く転職先にあなたの培ってきた能力を伝えるためにはやり方があります。

 

最大限にあなたの魅力を伝えるためにはその道のプロに手伝ってもらい、確実にあなたの経験値や思いを伝える必要があります。

 

そんな時に便利なのが、転職エージェントです。

 

職務経歴書の添削から面接の練習や年収の交渉などもしてくれます。

 

しかも、無償で手伝ってくれます。

 

転職エージェントも仕事ですので、なんでも無料でやってくれるわけがないと思いますよね。

 

しかし、なんでも快く引き受けてくれます。

 

というのも転職エージェントは企業に優秀な人材を提供した代わりに、企業から契約した年収の何割かを頂けることになっております。

 

優秀な人材を提供すればするだけ収益が見込めるのです。

 

だからあなたに協力してくれます。

 

相談したから絶対にそこのエージェントから転職しなくてはいけないということはありません。

 

色々なエージェントに登録して、あなたに合うエージェントを探すこともありです。

 

情報収集する場所は多い方がいいですよね。

 

取り急ぎ転職エージェントはどんなものか試してみるのはいかがでしょうか?

 




 

 

 

 

 

転職することのデメリットはなんなのか考えてみた。

目安時間:約 3分

転職することで失うもの①

転職することで今まで築いてきた人間関係はリセットされてしまう。

 

今まで頑張って信頼関係や上下関係など距離感を測りながら人間関係を構築してきたことでしょう。

 

しかし、転職することによってまた1から築かなくてはいけません。

 

ある程度の人間関係や信頼関係を築くには時間が必要になってきますし、仕事でも成果を上げる必要が出てきます。

 

転職することで失うこと②

今まで学んできたことすべて。

 

新しい会社にいけばまたルールや仕事の進め方や仕事そのものを1から覚えなければなりません。

 

それがまた膨大な量になってきますので、覚えるまで大変です。

 

まとめ

 

転職で失うものはやはり長い年月の中で培ってきたものが多く、それをまた1から作っていかなくてはなりません。

 

始めは転職しなければよかった。前の会社の方がよかったと思うこともあるかもしれません。

 

それも一時のことです。

 

慣れてしまえばどうということではない。←書いてて思った。シャアみたいだ。(当たらなければどうということはない)

 

そうどうということは無いのです。

 

結局、一番大事なことは長く続けられる会社に身を置くことで、無理して仕事をしていくことではないです。

 

無理しているといつか限界が来ますし、それで働けない体になったら元も子もありません。

 

これからの選択はくれぐれも慎重にしていただければと思います。

 

 

 

 

 

1 2 3 8
このブログのランキングは?
広告




かすみん
自己紹介

初めまして、かすみんと申します。
財団法人→営業(中小企業)→営業(大手企業)→営業(大手企業)
4社経験してきています。
海外転勤、直行直帰、激務、パワハラ、良上司、悪上司
色々、経験しております。
私の経験を思う存分お伝えできればと思っております。

最近の投稿
カテゴリー
にほんブログ村
姉妹サイト

ページの先頭へ