パパも周りの人に頭を下げて、定時退社して子供を迎えに行くのです。

目安時間:約 3分

家庭を一番に考える!

私は前職で家庭を犠牲にしてまで、仕事をしてきました。

 

二度と同じ過ちを犯さないと誓って今の会社に転職致しました。

 

私が一番大事なものは家族です。

 

そこに安らぎを求めるし、一番時間を使いたいですね。

 

定時退社するのが難しい

妻の仕事の関係で今回、定時退社して双子の保育園のお迎えに行く必要が出てきました。

 

事前に会社に調整して頂けるように早めに申告しました。

 

自分のわがままはどれだけ迷惑をかけているのかを考える。

 

  1. 上司が自分の代わりにその仕事をしてくれる人を探して代わって頂ける許可を取ってもらう。
  2. 代わってくれた人は本当は休みを取っていたにも関わらず、変更されてしまった。
  3. 周りの人は仕事をしているのにそれを横目に帰らなくてはいけない。

 

家庭を一番に考えても良いとは思いますが、とても大変で気遣いも大切です。

 

仕事は一人でやるものではありません。

 

自分が迷惑を掛けたらその分誰かが穴埋めしなくてはいけません。

 

その際はちゃんと誠心誠意謝りましょう。

 

今回協力して下さった上司、代わって下さった同僚の方本当にありがとうございました。

 

上司に対しては口頭で、代わって頂いた同僚には軽くおやつ等を渡しました。

 

男が育児をやる時代

昨今では共働きの家庭も増えてきているのではないでしょうか?

 

あなたはパートナーに育児をすべて任せてはいませんか?

 

何を隠そう!私はすべて任せてきた人間でしたので、今ギクッとされた方も多いのではないでしょうか。

 

お互い働いているにも関わらず、すべて育児を任せてきたことで妻は腎盂炎で倒れました。

 

女の人一人で働きながら育児をやるなんて相当タフじゃないとできない。

 

妻が倒れたことがきっかけでちゃんと考えるようになりました。

 

パートナーとちゃんと話合い、日々のコミュニケーションが重要になってくるのではないでしょうか?

 

一度、ご家庭を見直すいい機会です。

 

あなたも一度話し合いの場を設けてみてはいかがでしょう。では♪

 

 

 

 

このブログのランキングは?
広告




かすみん
自己紹介

初めまして、かすみんと申します。
財団法人→営業(中小企業)→営業(大手企業)→営業(大手企業)
4社経験してきています。
海外転勤、直行直帰、激務、パワハラ、良上司、悪上司
色々、経験しております。
私の経験を思う存分お伝えできればと思っております。

最近の投稿
カテゴリー
にほんブログ村
姉妹サイト

ページの先頭へ