業界を変えようか迷っている方へ。あなたの求めているものは何ですか?

目安時間:約 3分

≪ざっくり言うと≫
1.給料を上げるのであれば同業界の転職の方が良い。
2.他業界でも平均年収が高い所を狙えば、UPする可能性はある。
3.将来のことも考えて最終的に年収が上がるところも視野にいれる。

 

さあ、いざ転職しようと考えたとき、
次の転職先は業界を変えようか迷いますよね。

 


次の転職先では給料をアップさせたいと思う方は、今の業界で転職する方が確実に年収がアップする可能性が高いです。

 


というのも今までの経験値というものがありますので、その経験をしている人材を今うちに必要としている。
その人間を育てるのには長い年月この業界でやっている人間がいい。

 


となれば年収が上がる可能性があるのです。
しかし、他業界へ転職する場合、初心者となるわけです。

 


そうなるとまた、1から仕事を教えなくてはなりませんし、ポテンシャルで雇うということになります。

 


仕事ができる状態になるまでは先行投資となるわけです。
しかも、本当にできるようになるのかわからない。

 


途中でやめてしまうかもしれない人間に中々給料を上げることは難しくなってくるでしょう。

 


ただ、諦めるのはまだ早いです。
今いる業界の平均年収が安いのであれば、平均年収の高い業界に移ればいいのです。

 

他業界でも平均年収が高い所があります。
たとえば、医療系です。

 


MR、医療機器等は平均年収500万以上は普通にもらえてくるのではないでしょうか?

 


営業であれば年収とは別に日当という形で、1000円~3000円とかもらえてくる会社もありますし良いと思いますよ。

 


後々のことを考えて、鉄道、
警察、消防、公務員等も良いかもしれません。

 


長く勤めていれば年功序列で増えていきますし、転職でも年齢給で年収も決まりますので転職して給料があがったなんて人もざらにいます。

 


給料をあげるために転職を考えている方は、まずは業界の平均年収を調べることからおすすめします。
本日も読んで頂き、ありがとうございました。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

このブログのランキングは?
広告




かすみん
自己紹介

初めまして、かすみんと申します。
財団法人→営業(中小企業)→営業(大手企業)→営業(大手企業)
4社経験してきています。
海外転勤、直行直帰、激務、パワハラ、良上司、悪上司
色々、経験しております。
私の経験を思う存分お伝えできればと思っております。

最近の投稿
カテゴリー
にほんブログ村
姉妹サイト

ページの先頭へ