転職エージェントとの面談について!~本番の面接だと思って臨もう!

目安時間:約 3分

転職エージェントに登録すると面談日を指定されます。

 

直接お会いするのも良し。電話面談でも良し。

 

時間に余裕がない方は電話面談でも良いと思います。

 

しかし、自分を担当して頂く、担当者との面談は直接お会いした方が双方にとって良いのかなとも思います。

 

というのもやっぱり顔を見て話をした方が安心できますし、エージェント側も会って話せた方が、真剣度も変わってきます。

 

一番大事なポイントは

 

本番の面接と同じだと思って望んでください。

 

エージェントもこれから担当する人が、次に志望するところも決まっていて能力も十分に持っていてしゃべることにも抵抗がなく自分をアピールできている人間の方が、転職が成功する確率が高いからです。

 

エージェントもタダでお仕事するわけにはいきませんので、当然優先順位を付けて対応していくでしょう。

 

エージェントの報酬の受け取り方は、企業に良い人材を紹介して内定がでたら企業からその方の年収の30%を頂くといったような形で報酬を受けております。

 

やはり転職できそうな人を徹底的にフォローしていきたいと思うのが普通ではないでしょうか?

 

ですので自分のことについて職務経歴書に書かれていることは頭に入れておきたい所です。

 

【質問①】「自己紹介をしてください」

 


【質問②】「転職理由をお聞かせ下さい」

 


【質問③】「志望される業界と理由をお聞かせ下さい」

 


【質問⑥】「業務上の強みをお聞かせください」

 

これくらいは答えられるようにしておきましょう。

 

また、転職歴が複数ある方は今に至るまでの流れを話せるようにしておきましょう。

 

たとえば大学を卒業後、○○な理由で○○株式会社に入社致しました。

 

○○な理由で転職を考えるようになり、○○ができる○○株式会社に転職致しました。

 

○○株式会社に転職したもののもっと○○がしたいので、○○株式会社に再度転職しました。

 

のような相手が納得のいく理由を考えてください。

 

上記の質問も含めて、ワード4行くらいは文章を考えていおきましょう。

 

後はどうどうと質問に答えていくだけです。

 

ぜひ頑張ってみてください。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

このブログのランキングは?
広告




かすみん
自己紹介

初めまして、かすみんと申します。
財団法人→営業(中小企業)→営業(大手企業)→営業(大手企業)
4社経験してきています。
海外転勤、直行直帰、激務、パワハラ、良上司、悪上司
色々、経験しております。
私の経験を思う存分お伝えできればと思っております。

最近の投稿
カテゴリー
にほんブログ村
姉妹サイト

ページの先頭へ