当サイトおすすめランキング

リクルートエージェント

■商品名

優良求人はここで決まり!

求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。転職エージェントの中でここだけ登録しているという人も多いでしょう。王道エージェントです。

パソナキャリア

■商品名

自分に合った転職はここ!

正しい転職をモットーに転職者に寄り添った支援を行っている転職エージェント。アドバイザーが親身になってサポートしてくれます。

ビズリーチ

■商品名

即戦力で活躍できそうな人向け!

2009年のサービス開始以来、テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介され現在会員数80,000名以上、日本最大級の転職サイトです。

 

社会人向けインターンシップ参加先企業が増えるようです。

目安時間:約 2分

社会人もインターン増加、勤務先とは別の企業に

 

社会人向けインターンがもっと積極的であったならばわたしも参加して、自分に合った企業が探せたのかななんて思いました。

 

社会人向けインターンの良いところ

 

  • 対象の企業に入って本当にやっていけるのか見極められる。
  • 仕事内容が自分にマッチしているか確認できる。
  • 周囲の人、社風などが自分に合っているか確認できる。

 

企業側のメリットはどうでしょう。

 

  • 対象人物が自分の会社に入って馴染めるか確認できる。
  • 一生懸命働いてくれるか確認できる。
  • 優秀な人材かどうか見極められる。

 

双方にとってとてもメリットの大きいインターんですが、採用しない手はないのでしょうか。

 

ただし、どちらも時間を使いますので、上手く行かなかったときのデメリットはちょっとでかいかもしれません。

2018年の転職求人倍率が2.53倍ーものすごい倍率ー売り手市場

目安時間:約 3分

2018年転職市場の現状は

転職者にとってはかなりの追い風となっております。

 

といいますのも転職歴や経験不問、年齢不問で未経験者歓迎の求人が7割もある状況です。

 

人手不足が一段と激しくなっている昨今、転職市場は売り手市場と言えるでしょう。

 

即戦力あっての中途採用であるにもかかわらず、未経験である上に対象年齢も40から50まで引き上げられているという現状です。

 

もうホントに今転職しなければいつ転職するんだというような状況です。

 

人手不足だからこそ

人手不足だからこそ今転職する人はそこまでハードルは高くはありません。

 

しかし、よく考えてみて下さい。

 

ここまで人手不足が深刻化している状態であるので、転職したとしても決して楽な道ではないことを肝に銘じて下さい。

 

人がいないということはそれだけ一人の仕事量は多くなっております。

 

激務なことは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

 

薄給の会社は避ける

激務ということは確定しているので、給料は確実に上げることを検討しましょう。

 

激務薄給なんてやってられません。

 

これだけ人手不足なのですから、確実に給料交渉はこちらの思い通りに進めて下さい。

 

今より年収100万アップで交渉してみましょう。

 

がむしゃらに働くことが目に見えているのであれば給料ぐらい多くもらいましょう。

 

転職をするのであればこちらも参考にしてみて下さい。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

転職するために必要な5つのステップと成功のポイント

 

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職

転職で一番大事なのは公私のバランスだと思いませんか?

目安時間:約 2分

高収入でも幸せではない?

高収入でも幸せだとは限りません。

毎日、馬車馬のように働いているのであれば当然頂ける給与も高くなるでしょう。

その馬車馬のように働いていることが好きな人は苦ではなくむしろ天職と言っていいでしょう。

多少給与は下がってでも私生活を充実させたいのであれば、転職をおすすめします。

低収入で馬車馬のように働いている方。

こんな方も転職で給与が大幅に上がる可能性があります。

転職エージェントに自分の価値の相場を見てもらいましょう。

どちらでもない方

給与はこんなもんかと納得していて、仕事自体も好きでも嫌いでもなく、ここよりも良い企業があるのではないかと転職を考えている人。

こんな方は一度、立ち止まって考え直した方が、良いでしょう。

新しい会社に入ったはいいが、悪いところばかりが目についてしまい、前の会社の方が良かったと絶対後悔することになります。

今、当たり前のことが当たり前ではないことに気づかされ、前の会社はこんな所が良かった。

というようなものの見方しかできなくなります。

転職を繰り返してしまう原因にもなりますので、一度立ち止まりましょう。



カテゴリ:メンタル  [コメント:0]

転職はそんなに難しくない。むしろ大学卒業で就職する方が大変。

目安時間:約 4分

就職より転職の方が楽な理由

大学を卒業する前に就職活動をすると思うのですが、いままで学生だったのにいきなり就職しろと言われてもと感じますよね。

 

転職との違いとして、まず自分がやりたいことはなんなのか?から考えなくてはいけない。

 

そして、それからやりたい理由を伝えなくてはいけない。

 

経験もないのになんでその仕事がしたいのか想像で答えなくてはいけません。

 

他人との差別化が非常に難しいですよね。

 

差別化が難しいからこそ、有名校出身者が優遇されるわけです。

 

はっきり言って、有名校出身ではなく大した特技もないようでしたら転職の方が楽だと思います。

 

転職は自分がやりたいことが明確である

転職しようと思った時、就職する時とは違い目的がはっきりしています。

 

今の会社より給与が高い所にいきたい。ワークライフバランスの取れる所にいきたい。

 

何がやりたいかということは考えずに、もうすでにやっていることの延長線上の付加価値の部分で悩んでいたりします。

 

またはやりたいことはやれているが、人間関係が原因だったりもします。

 

ここで大事なことは、今までやってきたことが経験値となっていることです。

 

今までにやってきているということは他人との差別化になります。

 

ここにどこまでできるのかを加えてあげればあなたを採用する大きな理由になります。

 

学生の場合は他人と差別化をするところは学校名とコミュニケーション能力ですが、

 

転職の場合は仕事がどれだけできるかを伝えてあげればいいのです。

 

上手く相手先の企業に経験値を伝えるには

やはり上手く転職先にあなたの培ってきた能力を伝えるためにはやり方があります。

 

最大限にあなたの魅力を伝えるためにはその道のプロに手伝ってもらい、確実にあなたの経験値や思いを伝える必要があります。

 

そんな時に便利なのが、転職エージェントです。

 

職務経歴書の添削から面接の練習や年収の交渉などもしてくれます。

 

しかも、無償で手伝ってくれます。

 

転職エージェントも仕事ですので、なんでも無料でやってくれるわけがないと思いますよね。

 

しかし、なんでも快く引き受けてくれます。

 

というのも転職エージェントは企業に優秀な人材を提供した代わりに、企業から契約した年収の何割かを頂けることになっております。

 

優秀な人材を提供すればするだけ収益が見込めるのです。

 

だからあなたに協力してくれます。

 

相談したから絶対にそこのエージェントから転職しなくてはいけないということはありません。

 

色々なエージェントに登録して、あなたに合うエージェントを探すこともありです。

 

情報収集する場所は多い方がいいですよね。

 

取り急ぎ転職エージェントはどんなものか試してみるのはいかがでしょうか?

 




 

 

 

 

 

給料上がらないのに奨学金毎月3万返済とか無理だよね。

目安時間:約 3分

給料がそんなに上がることのない世の中なのに、奨学金に毎月3万ずつ返済とか厳しいですよね。

 

奨学金破産が増えているって聞きますけど、簡単に借りれるうえに借りやすいのがよくないですよね。

 

奨学金を借りる本人は将来にのしかかる借金の重みがわからない

奨学金を借りる本人は親がお金がないけど、子供を大学には行かせてあげたいと思うのかもしれません。

 

社会人になってから返済するようになる当の本人は厳しい生活を余儀なくされます。

 

学生時代に借金の重みなんてわかるわけがないじゃないですか。

 

はっきり言ってこんなことならば大学に行きたくなかったと思うほどです。

 

国から無利子でお金が借りれるという現実

奨学金制度は無利子でお金が借りられるということで、安易に借りやすくなっていると思います。

 

結局、借りたものは返さないといけない。

 

返せなければ自己破産せざるを得ない。

 

↑この部分の説明が少なすぎる結果、今の現状が起きているのではないかと思います。

 

アイフルとかでお金を借りるのと同じですからね。

 

上記の現状を踏まえ、どう行動するべきか

結局、今の現状は変えることはできないということで、借金は返さなければいけません。

 

じゃあ、どうするか?

 

現在の会社では給料が上がらないのであれば、転職によって給料を上げるほかありません。

 

給料が良い業界を見つけ、給料の良い企業を見つけ、その会社で長く働き続けることができるのか見極め、

 

後は入ってからの自らの運と立ち回り次第でなんとかやっていくしかありません。

 

わたしも先に奨学金を返済してから、結婚や子供などをと考えておりましたがそんなことをしていたらあっという間に爺ですと。

 

若いうちにしかできないこともありますので、行動するのであれば今です。

 

転職市場も年齢が上がれば、間口も狭くなります。

 

目の前の現状を変えることを検討してみるのはいかがでしょうか?

 



このブログのランキングは?
広告




かすみん
自己紹介

初めまして、かすみんと申します。
財団法人→営業(中小企業)→営業(大手企業)→営業(大手企業)
4社経験してきています。
海外転勤、直行直帰、激務、パワハラ、良上司、悪上司
色々、経験しております。
私の経験を思う存分お伝えできればと思っております。

最近の投稿
カテゴリー
にほんブログ村
姉妹サイト

ページの先頭へ