当サイトおすすめランキング

リクルートエージェント

■商品名

優良求人はここで決まり!

求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。転職エージェントの中でここだけ登録しているという人も多いでしょう。王道エージェントです。

パソナキャリア

■商品名

自分に合った転職はここ!

正しい転職をモットーに転職者に寄り添った支援を行っている転職エージェント。アドバイザーが親身になってサポートしてくれます。

ビズリーチ

■商品名

即戦力で活躍できそうな人向け!

2009年のサービス開始以来、テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介され現在会員数80,000名以上、日本最大級の転職サイトです。

 

大学を卒業後3年間プータローした結果が酷かった

目安時間:約 3分

先日、ある方の経験談を聞くきっかけがありました。

 

やっと就職できても、年収250万

 

大学を卒業して働かず3年間ほどプータローをした後、就職した企業が酷い。

 

~体験談~

 

就職活動にて行きたい業界はあったのですが、初めての就職活動にやり方もわからず結果全滅。

 

就職は諦めてアルバイトで生活費をつなぐ毎日、このままでは良くないと一念発起して再度就職活動をする。

 

学校の力や、教授の力を使ってやっとのことで就職できた企業が見つかりました。

 

しかし、サービス残業は当たり前、毎日体はボロボロなのに年収は250万円。

 

ある日、10個上の先輩の給料明細を見てしまう。

 

10年以上も働いているのに、俺とそんなに変わらないのか・・・・・このままではまずい。

 

こんなままでは俺は幸せになれないと感じたそうです。

 

ここからの大逆転劇です。転職活動を始めて、契約社員で入社して社員に上り詰め、今では年収650万にまで伸ばしてきました。

 

元々、頭はいい方ですし、仕事もできます。

 

ただ、大学を卒業した後の就職活動が上手くいかなかっただけなのです。

 

転職で最低限の生活を

少しの苦労と努力で、今後の生活は大きく変わります。

 

管理人であるわたしも年収は変わっております。

 

400万→550万→670万→550万

 

最終的には下がってしまいましたが、ライフワークバランスが大事だと思います。

 

長く続けられなければ折角年収が上がっても意味がありません。

 

あなたにあった仕事を探してみることをおすすめします。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

転職することのデメリットはなんなのか考えてみた。

目安時間:約 3分

転職することで失うもの①

転職することで今まで築いてきた人間関係はリセットされてしまう。

 

今まで頑張って信頼関係や上下関係など距離感を測りながら人間関係を構築してきたことでしょう。

 

しかし、転職することによってまた1から築かなくてはいけません。

 

ある程度の人間関係や信頼関係を築くには時間が必要になってきますし、仕事でも成果を上げる必要が出てきます。

 

転職することで失うこと②

今まで学んできたことすべて。

 

新しい会社にいけばまたルールや仕事の進め方や仕事そのものを1から覚えなければなりません。

 

それがまた膨大な量になってきますので、覚えるまで大変です。

 

まとめ

 

転職で失うものはやはり長い年月の中で培ってきたものが多く、それをまた1から作っていかなくてはなりません。

 

始めは転職しなければよかった。前の会社の方がよかったと思うこともあるかもしれません。

 

それも一時のことです。

 

慣れてしまえばどうということではない。←書いてて思った。シャアみたいだ。(当たらなければどうということはない)

 

そうどうということは無いのです。

 

結局、一番大事なことは長く続けられる会社に身を置くことで、無理して仕事をしていくことではないです。

 

無理しているといつか限界が来ますし、それで働けない体になったら元も子もありません。

 

これからの選択はくれぐれも慎重にしていただければと思います。

 

 

 

 

 

2017年の有効求人倍率1.5倍 求職者1人に対して仕事が1.5件 

目安時間:約 3分

有効求人倍率が高くなったが・・・・・?

 

有効求人倍率:17年1.50倍 好景気、人口減で求人増

 

1990年代バブル期の1.46倍を超えております。

 

しかし、

 

あなたも感じているかもしれませんが、これだけ職があるにも関わらず景気が回復した感がまったく感じられません。

 

はっきりいって給料上がってませんからって感じではありませんか?

 

結局の所、バブル崩壊以降企業も節約志向が続いております。

 

費用対効果ということが、営業部門では盛んに聞こえてくるのではないでしょうか?

 

あなたのその考えでいくとどれくらいの採算が取れるのでしょうか?

 

サービスに対しての費用なんだから、採算なんか取れるかボケといいたくなりますよね。

 

どこもかしこも売り上げ重視が強くなっているように感じます。

 

余裕がないというかなんというか。

 

人手不足といいながら中々人を補充しない職場、人件費を節約したいのでしょう。

 

こんな世の中ですよ。

 

こんな世の中だからこそ

経験者は強い。

 

今の企業はとにかく費用を掛けたくないのが現状です。

 

人材育成費用にお金を掛けたくないでしょうから、経験者を採るに越したことはないのです。

 

昨今の転職市場は40~50代、はたまた未経験者でも採る世の中へと変わってきています。

 

人手不足感が半端ないです。

 

そこで経験だけでもあったらこっちのもんですよ。

 

転職したが、元の業界に戻りたいなんて人なんかは今のタイミングはベストかもしれません。

 

1人に1.5件の仕事があるわけだから

求人がこんなに多い今だからこそ強気で転職活動ができると胸を張っていきましょう。

 

落とされたって求人はまだまだあります。

 

落とされたらどうしようと考えながらの面接はもうやめにしましょう。

 

どうどうとしていたらいいんです。

 

次々とトライしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

入社3年未満の『早期転職』無問題でしょ

目安時間:約 5分

そろそろ会社にも慣れてきて、会社のいい面も悪い面も把握できてきた。

 

こんな時、ふと考えてしまうのが転職願望ではないでしょうか?

 

年末のボーナスももらったし、4月入社に向けて転職される方も多くなるでしょう。

 

仕事中に面接、嘘をついて退職・・・周囲は大迷惑?

周囲の声①・・・『転職するのはいいけど、仕事中に面接に行くのはどうかと思うよ。』

 

ごもっともだと思います。

 

仕事中に抜け出していく場合は絶対ばれないと自身のある場合に実行してください。

 

できないのであれば、迷惑をかけないように有給休暇を取って下さい。

 

周囲の声②・・・『親の介護のために辞めるといったのに、同業他社へ転職した人がいた。』

 

このように転職する際には周囲に大変迷惑をかけることになります。

 

しかし、そんなことどうでもいいです。

 

どうせ辞める会社なのです。

 

辞める会社に気を使って、転職できずにそのまま後々の人生を棒に振ってもいいのですか?

 

今の会社は責任を取ってくれますか?

 

そもそも転職すること自体が周囲に迷惑をかけることになります。

 

人数が足りない昨今、人手が足りておりません。

 

人が辞めるということはそれだけで、周りの人に仕事が回ってきて負担となります。

 

周りに気を使っていたら絶対に転職なんてできないです。

 

本当に転職するべきなのか再検討

あなたは本当に転職するしかその問題は解決できないのですか?

 

仕事をしていくと一番大事なことが見えてくると思います。

 

それが働き方なのか、お金なのか、はたまた本当に自分のやりたいことなのか等々、色々でてくると思います。

 

ここで今一度、自問自答してみてください。

 

あなたが働く上で一番大事にしていることはなんですか?

 

それは

 

上司にも相談したり他にも色々、手を尽くしてみても解決できないのか?

 

ここが説明できるようになると転職の際、面接もスムーズにいくでしょう。

 

あなたは今回どうして転職したいと思ったのですか?

 

それは上司にも相談したり、色々と手を尽くしたのですが・・・・が解決できなかったので転職に踏み切りました。

 

十分な説得材料ではないでしょうか?

 

辞めてから転職先を探すのはどう?

辞めてから転職先を探すのはあまりおすすめできません。

 

自由な時間は膨大にできますが、お金がかかりすぎます。

 

収入がないにもかかわらず、住民税の支払いをしながら転職活動をしなくてはなりません。

 

転職活動をするにも交通費、食事代、家賃、光熱費もかかってきます。

 

その間、収入がないと貯金から切り崩さなくてはなりません。

 

わたしも辞めてから転職活動をしたことがありましたが、実家暮らしで家賃、光熱費を親に負担してもらっていて、

 

半年で100万ほど使いました。

 

無一文で辞めるのは危険です。

 

計画的に転職活動をすることをおすすめします。

 



職場が合わないと感じたら転職を検討しよう!

目安時間:約 3分

ケース①褒められたことが無いと感じる

こんなに頑張って仕事しているのに報われない。

 

だれも頑張っているとは認めてくれない。

 

毎週の会議で営業成績を詰められる現状。

 

ただ、怒られるだけの毎日。

 

こんな毎日を送っている方は会社に対しての忠誠心ももうありませんし、恨みつらみしか残っておりません。

 

こうなってしまうと会社のために頑張ろうという気が起きなくなってきます。

 

こういう場合は転職を検討しても良いかもしれません。

 

そもそも人を育てる環境が皆無なのです。

 

あなたのせいではありません次を探しましょう。


 

ケース②激怒されて、何も考えられず頭が真っ白になる

上司や同僚に激怒されまくって、何も考えられない状況が続いている方は赤信号です。

 

すぐにでもそこから抜け出すことを考えていきましょう。

 

精神的に病気になってからでは遅いです。

 

上司は自分の保身だけで怒っている可能性があります。

 

ケース③うつ病で休養しようと考えている人

私も診断書を書いて貰おうと思ったことがあります。

 

といいますのも会社に行くのが辛くて辛くて、どこかに逃げたい気持ちが強かった。

 

休養に入るその前に転職をしましょう。

 

休養してしまうということは給与が出なくなります。

 

ということは源泉徴収票の額が低くなってしまいます。

 

新しい職場から必ず、源泉徴収票の提出が求められます。

 

うつ病で休職したことがばれます。内定取消です。


 

カテゴリ:メンタル  [コメント:0]

このブログのランキングは?
広告




かすみん
自己紹介

初めまして、かすみんと申します。
財団法人→営業(中小企業)→営業(大手企業)→営業(大手企業)
4社経験してきています。
海外転勤、直行直帰、激務、パワハラ、良上司、悪上司
色々、経験しております。
私の経験を思う存分お伝えできればと思っております。

最近の投稿
カテゴリー
にほんブログ村
姉妹サイト

ページの先頭へ