日本人があまり転職しない理由は?

目安時間:約 2分

昔の日本は『終身雇用』、『年功序列』、『労働組合』が当たり前でした。

終身雇用が破たんしたが、今でもその名残が存分に残っております。
私も転職組ですが、やはり新卒でその会社に入った人間の方が優遇されているということを常々感じます。

今はそんな時代じゃない、転職するのが当たり前の時代に突入しているとはいえ、
古くからある大手企業にはやはり『終身雇用』、『年功序列』という考えが根付いているように感じますね。


給料形態に関してもそうですね。
長く勤めていればいるだけ給料は上がっていきますし、退職金の額もそうです。
まだまだ、日本は転職するには厳しい環境が待っているのかもしれません。

しかし、低収入や労働環境が最悪だったりした場合はです。

そもそも『終身雇用』、『年功序列』とかいう話の前に普通ではありません。

このまま働き続けるのは難しいと思うのであれば、環境を変えてみるのもいいかもしれません。

自分の成果に対して、報酬を頂けるベンチャー的な企業に行ってもいいですし、
『終身雇用』、『年功序列』の面影が残っている大手企業に転職するかはあなたの自由です。

今後の明るい未来のために今一度自分の仕事について十分に検討されてみてはいかがでしょうか?

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

このブログのランキングは?
広告




かすみん
自己紹介

初めまして、かすみんと申します。
財団法人→営業(中小企業)→営業(大手企業)→営業(大手企業)
4社経験してきています。
海外転勤、直行直帰、激務、パワハラ、良上司、悪上司
色々、経験しております。
私の経験を思う存分お伝えできればと思っております。

最近の投稿
カテゴリー
にほんブログ村
姉妹サイト

ページの先頭へ